初心者講座

初心者さん講座6回目 小切手

投稿日:2017年5月8日 更新日:

前回までの復習

お金勘定。

取引の内容を確認し、お金が増えたか減ったかを確認していきます。

お金が増えたにお金勘定。

お金が減ったにお金勘定。

お金勘定の中身についてはこちら。

 

仕入れの形

(仕入)××× (お金)×××

 

売り上げの形

(お金)××× (売り上げ)×××

 

 

小切手の受け取り

5回目では小切手を振り出す(支払う)という取引について見ていきました。

なので、今回はその逆「受け取った」という取引になります。

この受け取るときの問題には2種類あります。

それは、

 

他人が振り出した小切手を受け取った。

自分が振り出した小切手を受け取った。

 

この2つでは処理が違うので注意してください。

①では、「現金を受け取った」という取引になります。

つまり仕訳の形は、

(現金)××× (○○○)×××

となります。

 

②では、「減少するはずだった当座預金の減少がなくなった」という取引になります。

つまり仕訳の形は、

(当座預金)××× (○○○)×××

となります。

 

なぜこのようになるのかは、小切手のページで詳しく説明されています。

興味ないという方はそのまま覚えましょう。

「小切手を受け取ったら現金を書く。自分が振り出した小切手は当座預金」と。

 

例)商品100円を売り上げ、小切手で受け取った。

特に何も書かれていないので、相手が振り出した小切手と考えます。

なので、仕訳は「現金が増加したもの」。

(現金)100 (売上)100

 

例)商品100円を売り上げ、代金は以前当店が振り出した小切手で受け取った。

こちらは以前自分が振り出した小切手が帰ってきたという場合。

なので、当座預金が増加する仕訳になります。

当座預金はお金勘定なので、現金と同じ動き。

増加すれば左、減少すれば右になります。

(当座預金)100 (売上)100

 

 

まとめ

小切手の受け取りには2種類ある。

①他人が振り出した小切手。

②自分が振り出した小切手。

 

①では現金の増加。

②では当座預金の増加。

 

これだけ覚えれば小切手の問題は難なく回答できます。

 

 

次回予告

 売掛金と買掛金

 

 

 

 

-初心者講座

執筆者:

関連記事

初心者さん向け講座開設

最初に 今までこのサイトで公開してきたものは、「ある程度簿記の知識がある人に向けた確認のためのページ」でした。 しかし、簿記3級を取得したいと思っている人は大体初心者さんが多いのではないか。 &nbs …

no image

初心者さん講座8 手形編

前回までのまとめ お金勘定。 取引の内容を確認し、お金が増えたか減ったかを確認していきます。 お金が増えた=左にお金勘定。 お金が減った=右にお金勘定。 お金勘定の中身についてはこちら。 買掛金と売掛 …

初心者さん講座26 決算⑧法人税等

法人税等 法人税は法人、つまり会社の利益にかかる税金のことです。 この税金額は非常に大きく、一般的に分割での納付がなされています。 ある一定の日に全額支払うのは会社の負担が大きいためです。 で、法人税 …

初心者さん講座22 決算④現金過不足

現金過不足 現金の過不足に関するものについて説明します。 これは帳簿上の金額と実際の金額に差異が生じている時に行われる処理です。 現金過不足の処理は大きく三段階に分かれます。 ①現金過不足を発見した時 …

初心者さん講座 三分法と分記法

三分法と分記法 商品の仕入れから販売後決算整理までの処理の仕方がこの2つは異なります。 今まで行ってきた仕訳は全て三分法によるものです。 三分法が一番ややこしくて面倒だからです。 一方の分記法はめちゃ …